スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前夜 2011年04月01日 未分類 コメント:0


物事には何事も理由がある。行動や喋る言葉。あらゆる人間の行動には必ずしも何かの原因があるもの。

気のせいなのかもしれないが、自分が作り上げた構図なのかもしれないが、1対団体戦という感覚も心のどこかである。

本題に入るが、己の正義というのは貫くに限る。簡単に見られたら矛盾だといえるその行動は己の正義を理解し、それは正しい事なのであると自分に言い聞かす事ができる。
そういうおもむきがなければ良い物はできないと思っている。

作品とは人を表すものである。


大方の予想は大抵外れる。相手が違うと言えばそれは違うと認めるしかないのだから。

この沈黙期間に色んな人を見てきた。地震が起きて殺傷事件も起きた。2つのカテゴリーは日本にいたら良く起こりえるものだ。ただ、そのよくある情報だけでこんなに自分が参るとは思ってもいなかった。自粛なんてのはとんでもないが、誰かに会えばその話題が提供される可能性がある。もしそんな時、僕は答える用意が何もできていなかった。

何をしても眠たい日が続いた。携帯やサイトは恐ろしくて見る回数が少なくなった。


自分的にはこんなに自分が参ってるのだから、その事で良い悪いの判断なんかしないで、って感覚である。

ある程度たったから言おうと思うが、義援金募金は必要な事だと思う。こうやってかろうじてステージに立ってる僕はなんとなくそう思う。意思があろうがなかろうが、少なくとも募金しようってアプローチをかけたほうがいい。活動家や組織なら。

僕はステージでは言うつもりは全くないが、それをあえて黙るつもりもない。ここにその意思を記しておこうと思う。


なによりも、オークションで高く売ろうとする、初めからオークションの為に買いまくる人達に怒りを覚えたね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。