スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レビュー 2010年11月28日 未分類 コメント:1

今日は月曜日だと勘違い。
ジャンプを探しまくるがそりゃ日曜日じゃない。はっとした。
昨夜はゴイスでライブ。
分析の為、ざ・なかじまに私のカメラで録画を託したのだが、やはり撮れておらず、これは何回か過去にも経験しているお約束。
人に物事を頼んだ時点からそれを自分の目で確かめるまでは僕はすごくソワソワするタイプだ。

頼んでおいて、自分でも可能な事って結構あります。これってすごく面白い事なんですよね。とにもかくもどんまい。

打ち上げにて、最終的に愛って何よ?って話になる。テンジン君とみつよちゃん席にて。打ち上げ終盤だったかな。なんか原稿用紙に書いて提出する事になったんだけど、この際、ほんまに書いておこうと思っている。
それは原稿用紙に書くとどういう表現になるのか自分なりに興味があるのだ。すこし日記でも書いてみよう。

愛とは何か?
それは本当にわからないものだと思う。形のある物ならだいたい共通の意味をもつことができるがこういう形の無いものは、頼れるのは自分の考えであろう。わからない言葉なのに良く耳にする言葉というのも不思議だ。

僕の考えでいうといたってシンプルだ。自分がかわりに犠牲になれるような相手が対象になるのではなかろうか。その中での限度があって、その一番上をクリアできるのが愛である。そしてその下にあたるのが友情である。
僕は生きていて、なんとなくその図形をイメージしている。
わかりづらいかもしれないが、僕の中では綺麗に収まっている。

守ってあげたいという言葉がある。僕はこれが愛にあたる。犠牲になってあげたいあるいは守ってあげたい。これがそれにあたる。
そしてそれを証明する機会は少ないのである。そういう観点でいくと安全な世の中だ。でも僕からすると世の中は非常に危険だ。外出してるだけで死ぬリスクを自ら背負ってるみたいに心のどこかで考えている。こんな危険な世の中に芽生える感情が愛なのであろう。
行動で証明できなければ言えばいい。
いつか地震が来た時、電波が使用できなくなった時、どうすればよいか。ちゃんと語りあっといた方が良い。
本当に大事な事なのである。

うまく書けるといいのだが。

コメント

愛に対して真面目に向き合うのは勇気がいりますが
自分も原稿用紙に書いてみようかなと思いました。
  1. 2010/11/30(火) 23:18:46 |
  2. URL |
  3. t #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。