スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェリー 2010年11月10日 未分類 コメント:1

携帯を5日ぶりに充電。僕の携帯は長持ちだ。

直島2日目。前日から普通の民家的なとこに泊まっており、そこの主はやたら親切、その主の暴走運転から始まった。
僕らは旅のいきしなに電車の中で運転の荒い男の話をした所だった。
これがなかなかの伏線になった。
車、車内の半田は少しひきつった顔をし、いつでも事故にそなえている雰囲気が伺えた。
本当に運転が荒かったのだ。

朝から島に訪れてきた人達を観察した。
この島はRICOH製品カメラを所持してる人が多かった気がする。僕らをはじめ。
そしてやはり、何かクセのある人がたくさんいた。

アートを見に島へ一人で来た女性

やはりどこか魅力的だったと思う

地中美術館に行った。
その前にその昨夜、美術館に行った。
そこの建物に順路はなく、隠し扉さえあった。
その土地は自転車進入禁止地区で僕らは自転車で侵入った。非常にこういう時に便利な、キャップつきのボトルビールを飲みながら。
その地区を自転車で走ってると何台か車が通りすぎた。通りすぎた車がどこかに連絡して警備員がかけつけてくるんじゃないかと思っていた。

僕は気にしいだから。
それでも走り続けて、高まったわけだ。
そこらへんが伏線になる。

この旅は色々偶然と思いつきが多かった。

そして2日目に地中美術館に訪れた。
モネだったかな。有名な絵が飾られてる部屋が順路通りにいくと一発目に行く部屋である。

全面真っ白な巨大なコンクリート部屋に巨大な睡蓮の絵とかが飾られてるのである。
よく映画、未知との遭遇、ダイジェストでよく流れてくる、遭遇のシーンだ。
この映画見たことないけど、この主人公と同じ感覚やと思います。
なんじゃこりゃって感じです。


コメント

繩鴃鉈逶 驤窶鞳鴿 denshi tobacco Boobrecrock
繩鴃鉈逶 驤窶鞳鴿 smuke - <a href=http://vorsbertothe.narod.ru/site-106.html>驤窶鞳鴿 艢韲矗 ?頌?/a>
  1. 2010/12/25(土) 03:56:35 |
  2. URL |
  3. Boobrecrock #FSQPRkFQ
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。