スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マントラ 2010年10月11日 未分類 コメント:0

10/10

悪口というのは言ったもんがちだと思う。真っ先に言った物は一番の防御になりうるであろう。それが気にくわない。
この先そういう機会がいつかくるかもしれない。それは明日かもしれないし、10年後なのかもしれない。
それがまさに今その問題に直面してるとすれば、僕はここに上のような事を書くべきではない。
そうならば逆で、僕がよろしくない。

人に優しくするのは、本当は自分を守る為だ、というニュアンスに似ている。

その事を良く考える。
自分が今、どんな奴なのかというのを考えている。

嫌いな人がいる。それは絶対にあなたの事ではないが。
世の中に絶対なんて存在しない。これは哲学的考えである。
ただ、絶対あなたの事ではないので、安心してください。

上から目線な言い方になるが、これぐらい注意深くしないと発言ができないのである。
だってたまに誰かさんのブログを読んでたら、あーこれは僕の事を言ってるのかもしれないなって思うもの。

そういう事はありますよね。

だからここでは絶対あなたの事ではないと書きます。

あなたの事ではない。事実である。

僕には嫌いな人がいる。

それが僕の言いたかった事だ。

嫌いな人がいて、毎日好きな人達と嫌いな人達の事を考えて、それを頭の中で夜中考えている。

これからの頭皮の事や歯の健康状態や今、寝たら翌朝起きれるのか心配だという事や、寝てから風呂に入るのか、あるいは逆か。
という事を考えている。
そして悪口は先に言ったもん勝ちだなという事を考えている。

僕はそういう人になりたくないなと断言している。

しかしそれはどうだろう。そんな事をしてしまえば、今後の更新や人生に制限がかけられる。

いささか面倒になってくる。

この世に絶対というものはない。それは僕にも該当する問題なのである。しかもすごく身近に。

それをどうクリアしていくのかを考えている。

きっとさらっと心変わりして、いつか悪口をはきちらすのであろう。
そんな自分が醜いし、そういう人も好きではない。

ただ、そういうものさと僕は理解する事がきっとできるであろう。それでいいのさと思った。

そこの答えをみいだすまでの自分への問いかけは大事だと思う。

今日はこういう文章は消さずにいよう。

関係ないが行動はとても大事。

そして何よりも紳士的にいるのが僕にとって大事。

これは僕の中に存在する常識のかけらです。

常識はスリルな言葉

そこで人生の楽しみにしたいのが、他の人の考えである。

人の話を実はちゃんと聞いています。



10/10 日記

シティーオブゴッドででてくるような外国人に肩を叩かれ呼び止められた。
外見を見るなり、命の危機感を少し感じた。
その時僕は第9を聞いていた(ベートーベンの方)
27分ぐらいずっと聞き続けていて、ちょうどいいテンションだった時に。
酔っ払ったその人にJR難波はここか?と尋ねられた。









ここはJR天王寺だ。







その後、JR天王寺の改札まで連れて行ってあげてお別れ。

それにしても、どんな日本語でも通じたな。すごいな。


帰宅して「ボーイズオンザラン」を見る。
同名主題歌が大好きだ。

たぶん映画の「東京大学物語」の女優さんかな。
違うのかなと思いながら見てました。

ヒロインがかわいかった。
「東京大学物語」のヒロインもかわいかった。

記憶をたどり、かわいいと思う、レベル基準が頭の中で一致したので
勝手に同一人物と思っています。


10/9
いままで何故か読み進まなかった1Q84ブック2をいま順調に何故か読めている。昨日なんか電車でそれを読んでいたら、横の女性がゲロを吐いたんだ。
恐らくクラブ朝帰りだったんであろう。僕はそれに気づかないぐらい本を読んでいたのであったのだ。


10/8

福岡という街は犯罪が多いらしい。例えば強姦とかそういうの。
北の街では電車マナーが悪く、床に座っている人が多発しているらしいという話を知人とした。
また時速30キロの速さで2日間歩いたら、それは月にいける距離だ。という話を知人の女性がしてくれたが、わりかし素直につっこんでしまったのである。


10/7

アンダーナインを見に行く。かなり歪みのきいた激しいスタイルになっていた。久しぶりにライブ自体を見に行ったが、色々思考させられるいい機会になりました


10/6

広島人はとても気さくで、それはもう気さくで、例えばアイパッドを喫茶店で仕様していたら女性に声がかけられるような事が多発するのは恐らく広島なんだろうという話を知人とする。


10/5

ノートパソコンを携帯する奴に自らなる。いわゆる作業用として自分の創作意欲をただちにPCにメモリするのが目的だ。
僕の場合、思い出は色あせないのだが、アイデアが思い出に邪魔されて色あせてしまう傾向がある。

僕の見る夢の中には確かにこれから作るであろう曲が流れている。
この経験は楽器をやってる人なら誰にでもあるはずだ。誰にでもあって、そしてそのほとんどがあくびいっぱつで消えてしまうのである。

僕はいつか、これをちゃんと録音に成功させたいと思っている。
その為にも、最近は僕も非常にテクッてるツールをもつようになった。

色々、脳に刺激を与え続ける為の僕のやり方である。

1時間全体セッション練習。


10/4

最近、パラレルワールドという言葉が気に入ってます。
なのでツイッターを始めようかと考え中。
内容はこうである。別人になりすまし、詩的な事を言いまくるという内容。
個人的には最高です。
自宅のトイレを仕様後、トイレの中に閉じ込められるという珍事件が発生しました。
説明が面倒だがいい具合に扉の前に障害物がバっといい具合に倒れこんできて、ドアがまったく開かなくなったのである。

今日はとてもいい気温だと思う。


10/3

録画しておいた、バンテージポイントという映画を見る。数分の間の時間のそれぞれの登場人物のしていた行動が映し出された映画なのだが
こういうのは、好き、である。なかでも謎の民間人が必死で走って事件を撮影しているのシーンがどうも面白かった。その俳優を見ていたら、この人やるなーと思った。
マシューと会う。大雨の中、あらゆる店に行き、駐車場ついて店まで雨に濡れながら走るという行動を繰り返した。
車の中で、制作途中の曲をいくつかきいてもらったが、考えてみれば、IPODに自分の曲を入れているというのは、良い音楽ライフだと思った。


10/2

朝から大衆食堂へ行き、瓶ビール注文。その後、とにかくラプチャーの2NDが聞きたかったので
TSUTAYAでレンタルをする。雨が降ってきて、天下茶屋から半田の家まで歩くのを断念する。


10/1

風邪がつづいていたので、そろそろだと思い、10月入ったし、仕事を休む電話をする。
映画が安い日だったので、映画を見に、梅田へ。
「君に届け」を観賞。多部ちゃんも大きくなったもんだと思いながら静かに観賞。
人が多い映画館に行きたいと思っていたので、満足であった。映画見た後、その漫画を探しに行く。
最近は携帯電話の利用頻度がなくなってきたので、サイトとかも見れない、その代わりに
映画、漫画、小説、音楽、の情報を増やしている。
人の悪口とか言い続けている人を見ていたら、まだ、自分は死んだ方が良いって定期的に言っている人の方が
好きになれると、思いました。







コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。