FC2ブログ

スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニッカポッカ 2011年01月29日 未分類 コメント:0

1/31は堀江クラブビジョンで正式に1人で出演予定です。

これは是非来てくださいね。
ビジョンにて5番目20時50分からの出演です。
色んなお1人様系が多数出演するらしい。

生きてて、これまで吐き出してきた言葉を、誰かが聞いて、それに対しての伝わりを自分なりにみればそれは補足したい事だらけだ。
色々補足したい。カラオケなんかにいったら3時間ぐらいマイクを独占して、曲なんか入れずにただ喋って補足の時間を与えてほしいぐらいだ。
それは誰の為にもならない。ただ自分の罪悪感を消したいだけだ。
夜ちゃんと寝れるよう。街歩く時、寒がらない為にも、罪悪感を消したいだけなのだろう。
話の2段階目である補足は自分の為、1段階目は誰かの為だ。

一つ目は悲しみだ。
僕を作り上げてるもの、一つ目は悲しみだ。
24年間の悲しみが今の僕を作り上げたんだ。
1日をないがしろにしてしまう事が僕にもある。浮き足である半透明である。そんな日がある。
忙しさに煽られて忙しさに気をとられたまま寝床につく。スイッチを切り替えれぬまま、お風呂に入らず寝床につく。
起きたら、忙しい世界にばっちし行く、終われば終わり。これがAの世界であり。僕たちが過ごしている通常世界である。入り込めば、そのまま世の中の一部として周りつづけるのである。僕だけが罪悪感を感じてるのではない。みな罪悪感を感じ、顔がそれを表している。

その世界で最近僕は誰かの為になれたという事があった。これは嬉しい事であると思う。
そしてもう一個の世界はこじあけて入るような感じだ。なにくわぬ顔で行っているが、どこかで意識を切り替える作業が存在している。
人間。

最低であり最高である

スポンサーサイト

~1/28 2011年01月28日 未分類 コメント:0

昨夜は天六の音太小屋、今夜は堺東のゴイスの1人出演が今終わったとこだ。

1人スタイルは3回目の出演だが、だんだんギターを弾かなくなってきたしスピードもゆっくりになってきた。
曲に愛着心が芽生えたのだろうと思う。

ビリヤードがしたい気分だ。

日本語で歌うのもいいかもしれない。



冬は寒いだろう

まるで平気だな

お前はいまどこに

いるのかわからない

春はこないだろう

ごめんねここにいるよ
俺は今ここで

何かを待っている

という歌詞を書いたが、これが結構気に入っている。


何かの初期衝動を試みる度、何かしらのアンサーを期待している。
歌を唄うという事は、単純に痕跡を残して去るようなもんだなと思った。
今日はちょっとアンサーがあった。アンサーは、自分が好きだ、という事である。


フェンダーテレキャスターを今でも製造し続ける団体に敬意を表す。

~1/25 2011年01月25日 未分類 コメント:0

敵の敵は味方だ という言葉を最近よく聞きます。少なからず僕の中では印象的な言葉として残っています。

初期衝動という言葉も印象に残っていて、それを最近色々試してます。

自分の評価とそして周りの評価との違い。これよくあります。
自分というのは良くわからないものである。色々な方向から色々な物を創作する事に成功してきたが、何故それができたのかこれまで疑問であったが、それなら何故もっとできないのかというのも疑問になりけり。

僕から見える周りの世界は申し訳ないが良いとは言えない。気を使うような世の中であるが、10歩離れたらもう自分の欲でしかないような世界にうつりこんでしまっている。

偽善だと訴えかけるような人がわりかし少なくあって欲しいと思う。多くあってほしくもない。

相手のセンスに悪い意味で落胆した事もある。落胆して、平気な素振りができないのが僕である。
電車のドア付近に固まる集団。中身はガラガラ、そんな満員電車ぶった電車に嫌気がさす。

1人スタイルのライブがラッシュで控えている。1人でやる度、集団でやりたいという欲がわくであろう。それでかまわない。

待ちの姿勢は変わらない。

起きてても眠たいが、起きてて眠ったことがない。

御法度 2011年01月09日 未分類 コメント:0

1/7

天王寺にてショウ君と待ち合わせ。どうやらずっと背後をとられていたみたいで360度僕が旋回してもずっと背後をとられていたみたいで、見つける事ができなかった。幽霊のようにいきなり現れ僕を驚かせてみせた。
いつも僕がやる様な事をやられたぜ。一本とられた。

ここのブログを読んでる人だけにこっそり人間の心理を教えようと思う。

恋愛の話なのだが、付き合いたいと思っている人がいたとして、それが実際に目の前にいたとして、その人と付き合える可能性は99%にする事は可能であるという事だ。
健闘を祈る。


1/8

映画「プレデターズ」を見た。気を失っている主人公達は気を失ったまま上空から地上へ墜落させられ、その落下中に目が覚める。
冒頭であるが、その見えない敵の理不尽さが一番面白かった。

アクリルを買ったので、絵を書きはじめる。
オリンパスに興味を抱いている。

January 2011年01月07日 未分類 コメント:0

1/1

皆で京都へ行くため外出。あっさりと京都変更。かわりに京橋へ行き歩いて大阪城あたりの神社まで行こうとなるが、神社までついて神社に入らず引き返して天王寺へ。もつ鍋を食べ、トランプをしようとなるがトランプは売っておらず就寝。

白黒写真ばかりとる

1/2

皆でバーゲン地帯へ飛び込む。いたって買うものがなかったので、基本的に店内で「私は真吾」を読む。内容の後半は超SFに仕上がっており、終わりは映画のように終幕。

地元に帰還。

短編小説を完成させる。
朝本という男が何かする話だ。

1/3

半田となかみーと地元で合流。星を見に行ったのだが、実は見に行ったのは夜景。
私はギリギリまで目隠し感覚で何もみず、ついてそうそう夜景を睨み付けた。感動感を増す事に成功した。

最終的にストイック&ループ部屋にて観賞会をしてお別れ。

ここ最近ずっと会ってたね。

1/4

始発で大阪にライドオン。
あるデイリーヤマザキの店員は改善した方が良い。

夜中帰り、写真印刷に励む。色々撮ってきたが一年はかかった


1/5

ほぼ前半は寝る。1人セレモニーを練習する。1人ピクシーズも練習する。ディアフーフの動画を見、トリハダミノルの動画を見、夜を越える。

ちなみに僕は麻生総理が個人的に好きだったな。加護亜依も好きだ。


1/6

天王寺へ移動。仕事をし、寒さを感じつつ帰宅。すぐに寝た。
1Q84 book2を読み終えたのはこの日である。
 » »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。