スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/15 2012年09月15日 未分類 コメント:0

旧式携帯に戻してみたら、無くしたパスワードが見つかった。こちらにログインできたのはもう大分たっているはずだ。読み返してみれば震災以降みたいだ。それでも五年前みたいにも感じる。ブログが再開された。自分で書いて、自分で読んで酒でも飲もうではないか。

デスクトップで書き上げた超短編小説を見つけたので読んでみた。

言葉が美しいということを再発見できた。再確認ではなく再発見だ。僕は昨夜これに気づいた。
気分が晴れやかになってきた。最近はなんだか調子が良い。

視野は4つだ。僕の視野は4つ。目の前の問題は4つ見えている。実際は100個ぐらいあるんだけど残りの96個は左右に半分づつある感じだ。ベルトコンベア式に押し出されて、4つの視野範囲の中に古いものは弾き出され、新しいものが割り込んでくる。4つ以外は半透明だったり透明だったり、そんなイメージだ。
これが半透明になったのか透明になったのかは自分でもよくわかっていない。ただなんだか良い事があった気がするんだ。

スポンサーサイト

前夜 2011年04月01日 未分類 コメント:0


物事には何事も理由がある。行動や喋る言葉。あらゆる人間の行動には必ずしも何かの原因があるもの。

気のせいなのかもしれないが、自分が作り上げた構図なのかもしれないが、1対団体戦という感覚も心のどこかである。

本題に入るが、己の正義というのは貫くに限る。簡単に見られたら矛盾だといえるその行動は己の正義を理解し、それは正しい事なのであると自分に言い聞かす事ができる。
そういうおもむきがなければ良い物はできないと思っている。

作品とは人を表すものである。


大方の予想は大抵外れる。相手が違うと言えばそれは違うと認めるしかないのだから。

この沈黙期間に色んな人を見てきた。地震が起きて殺傷事件も起きた。2つのカテゴリーは日本にいたら良く起こりえるものだ。ただ、そのよくある情報だけでこんなに自分が参るとは思ってもいなかった。自粛なんてのはとんでもないが、誰かに会えばその話題が提供される可能性がある。もしそんな時、僕は答える用意が何もできていなかった。

何をしても眠たい日が続いた。携帯やサイトは恐ろしくて見る回数が少なくなった。


自分的にはこんなに自分が参ってるのだから、その事で良い悪いの判断なんかしないで、って感覚である。

ある程度たったから言おうと思うが、義援金募金は必要な事だと思う。こうやってかろうじてステージに立ってる僕はなんとなくそう思う。意思があろうがなかろうが、少なくとも募金しようってアプローチをかけたほうがいい。活動家や組織なら。

僕はステージでは言うつもりは全くないが、それをあえて黙るつもりもない。ここにその意思を記しておこうと思う。


なによりも、オークションで高く売ろうとする、初めからオークションの為に買いまくる人達に怒りを覚えたね。

~2/23 2011年02月23日 未分類 コメント:0

一番たちの悪いイジメは彼の所持しているポケモンを全て逃がした事だった。という記事を読んで笑ってしまった。笑ってしまったし、過去を思いだし、しんみりした。

僕にも彼の記憶が残っている。少林寺拳法をやっている彼に私の背中をおもいっきり正拳付きしてもらった事がある。もちろんあれは痛かった。その記憶。
小学時代にお金をかつあげていた者が、中学時代に形勢逆転するという出来事。

僕が体育館の二階からマットに飛び降りたら、すぐに女子がセンコーにちくった事や

隠れて離れ校舎のトイレでウンコをしにいくが何故か流さない生徒や

ピョリティーで煙草を吸う強者や。

その頃の僕は、24時間先生がどこかで僕を監視している気分だった。滅多にやらない悪いことをすればすぐに見つかり体罰を受けた。
ゲーセンは禁止だから和歌山を離れ河内長野のイズミヤでストリートファイターをやった時も翌日ばれた。
おまけに電子ピアノコーナーで僕が試奏してるとこも追跡され見られており、翌日褒められた。

小学校のピアノは音楽部やタチの悪い女子生徒が独占しており本当になによりもそれが気にくわなかったんだよ。



~2/12 2011年02月12日 未分類 コメント:0

國村ジュンという名前が出てこないものだが、自力で過去の経験をたどり見事脳ミソを使い思い出す事に成功する。

クニムラジュンといえばとても真面目そうな俳優だ。

出てこないワードを思い出す時の自分の思いだし方スタイルがわりかし気に入っている。
俳優の名前なら関連する俳優、予告の映像のテロップ、エンドロール、雑誌の片隅の映像、漫画のセリフ…自分が経験してきた映像を振り返り、思い出す。
ただそれだけ。


今思い出せないのは笑点で紫の着物を来ている方の名前だ。思い出せない。ラクタロウ、エンラク、コユウザ、キクオウ、ウタマル、カツラ、シュンプウテイ、ヤマダ、
色々顔と名前を当てはめているがどうもしっくりこない。


ちなみにその方のお題のアンサーがどうも好きになれない。

ちなみに若手芸人とかの大喜利線で、絵で答えがちなタイプの人も好きではない。

最近は雰囲気笑いで番組が成立しているが、実際は面白くないと思う。

眼鏡がずっと見つからない。

そのおかげで裸眼の視力が上がった。

休みは火曜日だけという仕事習慣が続いている。

~2/9 2011年02月09日 未分類 コメント:2

「告白」を見る。

韓国映画を越えたと思いました。韓国サスペンス映画は何本か日本にやってきては、強烈な印象を残していきます。「カル」とか「親切なクムジャさん」とか、一度見ればみんなに記憶に残るような。
名作を生み出す韓国で、ハリウッドがリメイクよくしてますが、がちの名作は韓国から外国にはでていないらしいという噂を聞きました。真相は知りません。
告白、面白かったです。
 » »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。